技術資料
S2Cソリューションで市場投入の先陣を
お客様やパートナーによる S2C テクノロジのさまざまなアプリケーションに関する以下のホワイト ペーパーをお読みになり、理解を深めてください。
電子書籍: PROTOTYPICAL II - The Practice of FPGA-Based Prototyping for SoC Design

Prototypicall II


半導体業界の継続的な成長は、特殊なシステムソフトウェアと共同検証された、これまで以上に複雑なチップ設計を、比較的少ないミスでより短い時間で提供することにかかっています。 この本では、最初に、チップの複雑さとともに共同検証の必要性がどのように進化したか、FPGAが検証を開始した場所、およびASIC設計がプロトタイピングテクノロジから恩恵を受ける理由について説明します。



PDFをダウンロード
電子書籍: PROTOTYPICAL - The Emergence of FPGA Prototyping for SoC Design

Prototyping Book: PROTOTYPICAL - The Emergence of FPGA Prototyping for SoC Design


本書では、FPGAベース・プロトタイピングの歴史とリーディング・システムプロバイダである3社(S2C、Cadence、Synopsys)について検証しています。まず、チップの複雑さに伴い生じた協調検証の必要性、検証におけるFPGAの導入、プロトタイピング・テクノロジがASICデザインにメリットを与える理由について考察します。  さらに、本書には最適な実例を使用し、効率的なFPGAプロトタイピング・フローの実施に役立つフィールド・ガイドも含まれています。  当社のCTO、Mon-Ren Cheneの目を通して、FPGAプロトタイピングの将来を覗いてみましょう。



PDFをダウンロード
技術文献: マルチFPGAプロトタイピングを用いた最新のSoCデバッグ

今日のFPGAプロトタイピングを用いたSoC設計のデバッグでは、理想的とも言えるツール能力におけるさまざまなトレードオフが提示されています。SoC設計の検証チームは、SoC設計プロジェクトごとに応じて、将来のスケーリングアップや検証能力の追従を見据えながら「最適」な検証戦略を構築することが求められています。このホワイトペーパーは、SoC設計検証及びデバッグにおけるマルチFPGAプロトタイピングの課題を検討し、S2Cから提示されている商用のマルチFPGAプロトタイピングにおけるデバッグ能力の一例について議論します。

PDFをダウンロード
技術文献: FPGAプロトタイピング入門

FPGAプロトタイピングとは、ハードウェア検証や早期ソフトウェア開発向けにFPGAでSoC/ASICデザインをプロトタイピングするための手法です。この手法は時にはASICプロトタイピング、SoCプロトタイピングと呼ばれることもあります。FPGAでのSoC/ASICデザインのプロトタイピングは、早期ソフトウェア/ファームウェア協調設計向けの手法としてはもちろん、ハードウェア設計の検証方法としても主流になってきています。このFPGAプロトタイピングに関する入門書は、プロトタイピングが必要とされる重要な要因、プロトタイピングにおける現在の課題とそれに対する対応策、独自のプロトタイピング・ソリューションの構築あるいは既成のプロトタイピング・ソリューション導入における問題点についてご説明します。

PDFをダウンロード
技術文献:FPGAプロトタイピングを最大限に活用する

非常に複雑な最先端のデザイン、あるいはもっと主流のデザインを設計/検証するにあたって、FPGAプロトタイピングは最大の成果で目標を達成するために役立てることができます。FPGAプロトタイピングを最大限活用するには、このテクノロジがどのように機能するかを良く理解し、ユーザの設計/検証条件に合うFPGAプロトタイピング・ソリューションを選択することが必要です。このeBookにはEE Timesで発表された一連の記事が掲載されており、FPGAプロトタイピングの障害を乗り越える方法からデザインフロー上流でのFPGAプロトタイプの利用、大規模デザインでのFPGA利用に至るまで、FPGAプロトタイピング・テクノロジの世界をご案内します。また、このeBookは、完全なプロトタイピング・プラットフォームが いつでもどこでも企業規模でアクセスでき、設計工程、デザインサイズを選ばずにユーザに貢献できることを教えてくれます。

PDFをダウンロード
技術文献:System-on-Chipの設計に於けるFPGA プロトタイピング

如何なるデザイン(ゲート)規模、エンタープライス規模からのアクセス可能のデザイステージ、何時でも、何処でもと多種のニーズに完全に対応可能なプロトタイピングプラットフォーム ン FPGAプロトタイピングシステムはエンタープライス規模のアクセス性を提供しなければ成りません。― 完全なプロトタイピングプラットフォームとは、全てのデザインステージ、サイズ、そして多数の事業所(サイト)からでの操作が可能である事を指します。これらの性能は何時でも必要に応じてリモートからのアクセスが出来るべきです。この様なアプローチは技術者の生産力を増強し、製品化迄の時間を短縮し、資本収益率の増加、そしてFPGAプロトタイピングプラットフォーム自体の投資収益時間の延長を促すものです。 特に以下に重点を置いております:

-SoC開発での拡大する課題   

-現在のFPGAプロトタイピングアプローチが如何にしてこれらのチャレンジに有効的に立ち向かえるか   

-FPGAプロトタイピングソリューションがこれらのチャレンジを全うする為の必須条件


PDFをダウンロード

試作検証プランを入手

どのタイプのチップを設計していますか?
設計に含まれるASICゲートの容量は?
500万~2000万
2,000万~5,000万
5000万~1億
1億~10億
10億以上
どのFPGAを使いたいですか?
ザイリンクス VU440
ザイリンクス KU115
ザイリンクス VU19P
ザイリンクス VU13P
ザイリンクス VU9P
インテル S10-10M
インテル S10-2800
わからない、専門家のアドバイスが必要
どのようなFPGA構成が必要ですか?
シングルFPGA
デュアルFPGA
4 つの FPGA
8つのFPGA
わからない、専門家のアドバイスが必要
どのような周辺機器インターフェースが必要ですか?
プロトタイプ検証プラットフォームはいくつ必要ですか?
以下のツールが必要ですか?
セグメンテーションツール
複数の FPGA デバッグ ツール
コモデリング ツール (FPGA と PC ホスト間で大量のデータをやり取りできます)
当社の製品をいつ使用する必要がありますか?
0~6ヶ月
6-12ヶ月
12ヶ月以上
わからない
その他
参加する
電話番号を入力していただければ、すぐに折り返しご連絡いたします
あなたの電話を入力してください
検証コード

This site uses cookies to collect information about your browsing activities in order to provide you with more relevant content and promotional materials, and help us understand your interests and enhance the site. By continuing to browse this site you agree to the use of cookies. Visit our cookie policy to learn more.

情報をダウンロードするには、次の情報を入力してください。

参加する