Prodigy Multi-Debug Module Pro

Prodigy Multi-Debug Module Pro (MDM Pro)は、FPGAプロトタイピングの革新的なディープトレースのデバッグソリューションで、複数のFPGAを同時にデバッグすることができます。MDM ProはProdigy Player Proのコックピット内で動作し、トリガ条件を指定することで複数のFPGAをデバッグできます。MDM Proのハードウェアは、高速ギガトランシーバによる大容量のデータの取得と転送が可能で、FPGAのユーザメモリを消費することなく、最大64GBの波形データを保存することができ、バグの原因を深く追跡することができます。

ハイライト

  • 1台のロジックアナライザで最大8個のFPGAを同時デバッグ可能
  • サンプリング周波数は最大125MHz
  • FPGAごとに最大2Kのプローブをトレースし、8つのサンプルグループをサポート
  • 内蔵DFF/BRAMの値を簡単に取得可能
  • デバッグを容易にするトリガ用ステートマシン記述言語をサポート
  • 最大64GBの波形データを外部に保存可能

 

MDM Proには以下の特徴があります:

RTLレベルプロービング

Player ProのGUIでは、内部の信号をマークして外部MDM Proのハードウェアにアップロードし、そこからトリガ条件の設定や信号のトレースを容易に行うことができます。

再コンパイルが不要な多数のプローブ

  • 合成前にFPGA内部のプローブを無制限にマーク可能
  • 再コンパイルすることなく、FPGAごとに最大16Kのプローブを8つのグループに分けてトレース可能

統合されたインサーキットのデバッグ設定

  • 複数FPGAのトリガ信号やトレース信号を1つのコンソールからセットアップ
  • 合成前にFPGA内部プローブを保護
  • プローブはパーティショニング結果に基づき複数FPGAに自動分配

トリガ条件の指定

一般的なトリガ

ユーザはトリガイベントや組合せイベントを簡単に設定できます。

  • トリガイベントのサポート: ==、!=、>=、<=、>、<、カウント
  • 組合せイベントのサポート:!、&、|、^、->、カウント
  • 8つまでのトリガブロックをサポート、各ブロックでは比較、順序設定、発生、組合せ演算の実行が可能

アドバンスト・トリガ

  • 8つまでのトリガ・コンパレータをサポート
  • ステートマシン – 最大16ステートまでサポート
  • 1、2、3状態の条件分岐をサポート
  • 4つのビルトイン16ビットカウンタによるイベント計数、タイマー実装などが可能
  • 4つのビルトインのフラグによりトリガのステートマシン実行ステータスを観測可能

64GBのディープトレース

  • 64GBの波形データを外部DDR4メモリに格納し、FPGAのユーザリソースの消費を最小限に
  • 取得した波形データをギガビット・イーサネットによりホストコンピュータに転送可能
  • 波形データの取得と格納が継続して実行可能

複数FPGAの同時デバッグ

  • 1つのLogic Analyzerから複数のFPGAをまたいだ同時デバッグが可能
  • 内部DFF/BRAMの値を容易に取得可能
  • 複数FPGAからのトリガやトレースデータを高速トランシーバ Mini-SAS を介してMDM Proハードウェアに転送可能
  • サンプリングしたデータはVCD/FSDB/FSTフォーマットで書き出し、さらに解析が可能
  • 8つのMini-SAS接続を介した高帯域幅のキャプチャと集約

プロトタイピングのセットアップフローへの統合

Prodigy MDM Proには、コンパイラモードとIPモードの2つのモードがあります。IPモードではユーザはDUT内にデバッグIPを直接インスタンス化することができ、Player Proのコンパイル時のフローを実行する必要がありません。コンパイラ・モードでは、Prodigy Player Proのコックピット内で動作し、デバッグのセットアップだけでなく、トリガ条件を指定してデバッグすることができます。