製品
S2Cソリューションで市場投入の先陣を

Prodigy Player Pro

Prodigy Player Proは、S2CのFPGAベースのプロトタイピング・プラットフォームで動作するツールです。Prodigy Player Proは、プロトタイプのコンフィギュレーション、リモート・システム管理の実施、マルチFPGAデバッグのセットアップという3つの役割を果たし、開発プロセスを高速化します。


  • 10億ゲート規模のデザインをサポートする高速なパーティショニング・エンジン

  • ピン多重化における強化されたマクロにより、システム性能が最大50%向上

  • 複数のクロックドメインに渡り、ピン多重化比率を柔軟に調整可能

  • ブラックボックス・フローの最適化により最大70%の時間短縮を実現

  • TCLスクリプトによる完全な自動化と生産性の向上


PP.png

特徴とメリット


コンパイル

統合されたGUI環境とTclインタフェースにより、既存デザインをコンパイルし、複数のFPGAにパーティショニングし、それぞれのビットファイルを生成するフローが用意になります。


自動コンパイルフロー

Player Proには直感的なGUI環境が備わっており、コンパイルの全工程をガイドしてくれます。デザインがコンパイルされると、以下に示すようにTclモードで自動実行されるECOフローへと移行できます。

  • デザインのインポート

  • プローブの設定

  • 論理合成の実行

  • デザインのパーティショニング

  • I/Oの割り当て

  • FPGAの配置配線を実行

  • ビットファイルの生成


I/Oの割り当て

Player ProはS2Cドーターボードのピンマップ・ファイルのライブラリを提供し、実際にはI/O接続へのマッチングを自動で行います。GUIを用いたクロックとI/Oプロパティの割り当てにより、エラー混入の可能性を最小限に抑えます。


パーティショニング

  • 複数ボードへの自動またはガイド付きパーティショニング

    - ユーザガイドのパフォーマンス最適化

    - ユーザ・コンフィギュレーションが可能なケーブル接続設定

  • パーティショニング時間を抑えるブラックボックスのアプローチ

  • TDM最適化によるシステムの性能改善

  • ピン多重化の自動挿入前に対象の信号をクオリファイ

  • 配置配線前に手短にシステム性能を把握するタイミング見積もり


ランタイム

コンパイル済みのデザインに対してProdigy Player Proを使用すると、1つのソフトウェア・コンソールからProdigy Logic Module、またはProdigy Logic Systemを直接のターゲットとしてイーサネット、もしくはUSB接続により制御することができます。そしてlock/unlockのメカニズムを使用することで、1つのシステムに複数のユーザが同時にアクセスすることができます。


複数FPGAのコンフィギュレーション

Player ProはUSBやイーサネットを介してデザインをFPGAにダウンロードすることができます。またProdigy Logic ModuleやProdigy Logic System上でデザインをSDカードに書き出して、それをSDカードからダウンロードすることも可能です。


システムのリモートコントロール

システムのすべての機能は、USBやイーサネット経由でリモートコントロールすることができます。

  • ドーターカードが挿入された際の自動検知

  • I/Oの電圧や電流、または温度を容易に観測

  • 複数のProdigy Logic Module、Prodigy Logic Systemを1つのコンソールから制御可能


ハードウェアのセルフテスト

I/Oピンやインターコネクト、クロックラインなどが故障している可能性がある場合、ユーザはウィザードに従って操作することで状態をチェックすることができます。ユーザはまたグローバルクロックの周波数やI/O電圧設定を確認することもできます。


バーチャルなスイッチとLED

Player Proはバーチャルなスイッチや表示機能を提供しており、実際のハードウェアのように扱うことができます。

  • デザインの状態を即座に監視するバーチャルなLED

  • デザインへの入力条件を即座に設定するためのバーチャルな押しボタンやスイッチ

  • ファームウェアを簡便にデバッグするためのバーチャルなUART


デバッグのセットアップ

Player Proでは、観測する信号をコンパイル前に事前に選択し、データキャプチャを開始するトリガ条件を指定することができます。ランタイム時には選択された信号の状態がキャプチャされ、外部DDR3/DDR4メモリにストアされ、解析することが行えます。


統合型インサーキットデバッグのセットアップ

  • FPGA内部のプローブを確保

  • プローブはパーティション結果に基づき複数FPGAに自動配線される

  • 1つのコンソールから複数FPGAにおけるトリガ設定と信号トレースが可能

  • コンパイルモードとIPモードをサポートします


トリガ条件の指定

ユーザはProdigy Player Proのパネルから、トリガイベントや組合せイベントを容易に設定することができます。

  • トリガイベントのサポート: ==、!=、>=、<=、>、<、カウンタ

  • 組合せイベントのサポート: !、&<|、^、->、カウンタ

  • 最大8つのイベントトリガ・ブロックをサポート


膨大な数のプローブを再コンパイル無しで

  • FPGA内部のプローブを無制限に選択

  • FPGAごとに最大32,000のプローブ(4,000プローブ/グループを8グループで構成)を再コンパイルせずにトレース可能


複数FPGAをコンカレントにデバッグ(MDMハードウェアが必要)

  • 1つのLogic Analyzerを用いて複数FPGAをデバッグ

  • 複数FPGAからのトリガとトレースのデータをMDMに高速トランシーバで転送

  • サンプリングしたデータをVCD/FSDBフォーマットでダンプし、解析が可能

  • 外部に8GB分のウェーブフォームをストア可能


仕様

ハードウェアサポート

  • コンパイル: VU、KU、S10、A10

  • ランタイム:VU、KU、S10、A10

  • デバッグのセットアップ:VU、KU


OSサポート

  • Windows 7/10 64-bit

  • Red Hat Enterprise Linux 6.6/7.6 64-bit

  • Ubuntu Linux 14.04/16.04 64-bit

  • CentOS 7.4 64-bit


言語サポート

  • Verilog / VHDL

  • System Verilog

  • EDIF


試作検証プランを入手

どのタイプのチップを設計していますか?
設計に含まれるASICゲートの容量は?
500万~2000万
2,000万~5,000万
5000万~1億
1億~10億
10億以上
どのFPGAを使いたいですか?
ザイリンクス VU440
ザイリンクス KU115
ザイリンクス VU19P
ザイリンクス VU13P
ザイリンクス VU9P
インテル S10-10M
インテル S10-2800
わからない、専門家のアドバイスが必要
どのようなFPGA構成が必要ですか?
シングルFPGA
デュアルFPGA
4 つの FPGA
8つのFPGA
わからない、専門家のアドバイスが必要
どのような周辺機器インターフェースが必要ですか?
プロトタイプ検証プラットフォームはいくつ必要ですか?
以下のツールが必要ですか?
セグメンテーションツール
複数の FPGA デバッグ ツール
コモデリング ツール (FPGA と PC ホスト間で大量のデータをやり取りできます)
当社の製品をいつ使用する必要がありますか?
0~6ヶ月
6-12ヶ月
12ヶ月以上
わからない
その他
参加する
電話番号を入力していただければ、すぐに折り返しご連絡いたします
あなたの電話を入力してください
検証コード

This site uses cookies to collect information about your browsing activities in order to provide you with more relevant content and promotional materials, and help us understand your interests and enhance the site. By continuing to browse this site you agree to the use of cookies. Visit our cookie policy to learn more.